三価クロメート処理・六価クロメート処理|電気亜鉛鍍金(めっき)加工
 


◆全自動エレベーター式静止浴ライン
「ラック掛け」「タコ吊り」等とも呼ばれ
ている方法です。
.
めっき可能寸法は、
約1,000mmX450mmX300mm
です。

特徴
全工程を自動管理しているので、安定した品質を得ることが可能です。
                        だこん
製品をひとつずつ吊り下げてめっき処理を行うので、打痕がつきません。
小ロット品、あるいは試作品のように1個しかないような場合でもめっき処理が可能です。
ボルトのように、吊り下げるための穴が無いような製品の場合には、冶具(道具)を工夫
することにより対応しています。
この他にも
「良いめっきは、良い前処理から」とも言われるように、丁寧な前処理はめっきにとって
欠かすことができません。黒皮・溶接焼け・ロウづけ加工品など、前処理が困難とされる
製品については、特別に専用ラインを設けて処理を行っています。
形状によっては、逆に全自動化されたラインでは処理が難しい製品もございます。この
ような場合には、「手づけ(手作業によるめっき)処理」と呼ばれる方法で対応しています。
当社では、ノーシアン(スーパージンケート)タイプのアルカリ性亜鉛めっき浴を使用して
います。均一電着性が高く、特に3価クロム系処理において美しい外観を得られます。
また、シアンを使っていないので、人や環境にやさしいめっき浴といえます。

Copyright (C) 2008 OHKI DENTO KOUGYOU Co.,LTD All Rights Reserved.